• ピックアップ

すきっと 28号

価格: ¥648 (税込)
[ポイント還元 6ポイント~]
数量:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter
  • お問い合わせ

道友社編
“すきっとした気分で暮らす”ヒントを求めて、さまざまな分野の第一線で活躍する人々にとことんインタビュー、「仕事」「人生」「こころ」に迫ります。そのほか連載エッセイ、コラムも充実。今号のテーマは「ひたむきに」です。
A4判/オールカラー/112ページ
2016年12月1日発行

[内容]

《特集》ひたむきに

■恐竜はいまも「生きている」

東 洋一 福井県立恐竜博物館特別館長

■信じた道を真っすぐに

伍代夏子 歌手

■これぞ日本人の進む道
 先人が遺した無私の生き方

磯田道史 歴史家

■メダルではない “何か” を探して

大野将平 リオ五輪柔道男子73キロ級金メダリスト


《連載》
■この人に訊く

「俳句の種まき」。
 それは芽が吹き、花咲く楽しみ

夏井いつき 俳人/エッセイスト

■skitto対談

楕円球が若者の心を育てる
 ラグビー精神の目指すもの

村上晃一 ラグビージャーナリスト + 西浦忠一 道友社社長

■Wish You Were Here あなたとここにいられたら…

File.38 マンザナー収容所  File.39 画家ダリの町カダケス  File.40 夕日に輝く黄金色の樹木

小平尚典 フォトジャーナリスト

■世界の家族 家族の世界

過ぎし楽しきとき

椎名 誠 作家

■本の径路(こみち)

故郷を「そして悲しく」うたったわけ――室生犀星

中江有里 女優/作家

■ヒューマン

一本のドラマが人の運命を変えることもある

久松真一 脚本家

■世は事もなし

佐々木少年に教わったこと

石井英夫 コラムニスト

■悠々まほろば散歩

阿倍仲麻呂と千三百年前の遣唐使

片山恭一 作家
写真・小平尚典


■毎日がスケッチ日和
 十津川
 西薗和泉 画家
■心だすけの処方箋・ようぼく弁護士からのメッセージ
 自分のため
 羽成 守 弁護士/天理教日帝分教会長
■胸の奥にこの花あるかぎり
 澄みきった心を映せますように
 平 葉子 奈良県看護協会会長
■やまと拾遺物語
 なら八重桜
 近江昌司 天理参考館顧問/天理大学名誉教授
■オトナの放課後

 想定外が楽しめる “低山徘徊” のススメ 加藤浩二 低山倶楽部隊長
 「田中宏和運動」ってなんだ? 田中宏和 同姓同名収集家

■ハルのゆく道
 村上晃一 著
■陽気遊山
 真の幸福
 岡田正彦 天理大学教授

商品カテゴリ

信仰

入門

メディア

ページトップへ