あらたまのうた

価格: ¥660 (税込)
[ポイント還元 7ポイント~]
数量:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter
  • お問い合わせ

道友社 編

 天理教の月刊機関誌『みちのとも』の昭和62(1987)年4月号から平成12(2000)年5月号までの約13年間にわたり連載され、親しまれた女性によるエッセー「あら珠のうた」。本書はその中から23編を選び、一冊にまとめたものです。
 本書では、さまざまな立場のお道(天理教)の女性たちが、家族、教育、信仰、社会といったテーマで、それぞれに抱える思いをつづっています。その一話一話からは、お道の女性ならではの温かさ、優しさ、明るさ、そしてたくましさが感じられます。
「タイトルの“あらたま”には、“新玉の”という意味と“荒玉”という意味があります。前者は『年・月・日・春などにかかる枕詞(まくらことば)』、後者は『掘り出したままの磨かれていない玉』。春は新たな始まりを告げ、掘り出したままの原石はまだ見ぬ未来を予感させます。23人の女性が初心に戻って語った23様のストーリーは、きっと心に新鮮な喜びの種をまいてくれることでしょう。その芽が育ち、いつか大きな喜びの花として咲くことを願ってやみません」(「はじめに」から)
 表紙の絵を深谷いずみさん、挿絵をおけむらはるえさんが担当、内容とともに温かい印象を与えています。読後にほっこりとする本です。
A5判並製/120ページ

商品カテゴリ

信仰

入門

メディア

ページトップへ