理はあざやか

価格: ¥702 (税込)
[ポイント還元 7ポイント~]
数量:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter
  • お問い合わせ

【内容紹介】

道友社文庫 復刊シリーズ第5弾!

代々親が短命で、義父義母の義理の仲で苦しまねばならぬいんねんを悟り、京都屈指の菓子問屋を廃業して道一条となった両親。その美しい生きざまをみて育った著者は、17歳で道一条を決意し、苦難の伏せ込み時代を経て21歳で教会長に。幾多の身上・事情が降りかかるなかも理を立て切って通りぬけた、布教体験記の名著!

林壽太郎著/文庫判/256ページ。

立ち読みできます。 ※角にカーソルをあわせるとページをめくれます。

Amazonで購入 立ち読みボタン

【目次】

  • 第一章 ふしぎふしぎで成り立つみち
  • 第二章 いんねん切り替えがたすかるもと
  • 第三章 親のみち、子のみち
  • 第四章 悩み悩んだ青年時代
  • 第五章 単独布教の尊さ
  • 第六章 世界たすけのみち
  • 第七章 ない袖が振れるみち
  • 第八章 心の成人、理の成人
  • 第九章 霊様は働く
  • 第十章 理はあざやか

著者プロフィール

林壽太郎【はやし・じゅたろう】

明治40年(1907年)、京都市生まれ。昭和2年(1927年)、天理教校別科卒業後、錦京宣教所(現・初弘徳分教会)2代会長に就任。
20年、父・伊太郎の後を継ぎ、弘徳分教会2代会長。44年、アメリカウエスト教会初代会長。道友社・布教部・天理大学伝道課程・「憩の家」事情部の各講師、布教委員会委員などを歴任。56年、74歳で出直し。

商品カテゴリ

信仰

入門

メディア

ページトップへ