天理教の考え方・暮らし方

価格: ¥1,320 (税込)
[ポイント還元 13ポイント~]
数量:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter
  • お問い合わせ

内容紹介

たすけ合って陽気に暮らすためにこれだけは知っておきたい心得!
基本教理100のアプローチ

天理教に入信したら、すぐに陽気ぐらしができるようになるのか。これはイエスでもあり、ノーでもあります。陽気ぐらしへ至る筋道を知ることができたという意味においては、イエスであります。しかし、筋道を知ったからといって、すぐに陽気ぐらしを味わえるようになるかというと、ノーです。知ることと身に味わうことの間をつなぐのが実行で、信仰というのは、この実行の歩みをさして言うのでありましょう。(本文から)

道友社編/四六判並製/228ページ。

立ち読みできます。 ※角にカーソルをあわせるとページをめくれます。

Amazonで購入 立ち読みボタン

目次

第一章 おぢばと教会

  • 信仰の根源は「ぢば」
  • おぢばに見る開放性
  • 教祖の三つのお立場
  • 大祭と月次祭の理
  • 大切な朝夕のおつとめ
  • 参拝するときの心得
  • 天理教の服装三種
  • 宿泊は信者詰所で
  • 一般教会の月次祭
  • 会長と信者の生活
  • 信者・ようぼく・教人
  • 教会の成り立ちと組織
  • 教区と支部の活動

第二章 教えと実践

  • 信仰の基準は原典
  • 一年中みな吉い日
  • 他の宗教との関係
  • 食べ物の戒律はない
  • 教理と医薬の関係
  • ひのきしんの実践
  • 天理教と行の関係
  • 天理教のおたすけ
  • 布教の動機と形態
  • 親の観念いろいろ
  • いんねんの考え方
  • 一れつ兄弟姉妹の教え
  • 心の自由を大切に
  • この世のごくらく

第三章 働きと金銭

  • 本当の意味の働き
  • 高う買うて安う売る
  • 金銭は天の与え
  • 金銭はつなぎの役割
  • 金銭は「種」でもある
  • 人間の力で働くのか
  • 相対的貧乏感と現代
  • 貧富と心のほこり
  • 金銭は"二の切り"
  • "働き"とその未来像
  • "働き"と"遊び"の間

第四章 ご守護

  • 親神様のご守護とは
  • 来世利益と現世利益
  • ご守護は頂いている
  • ご守護のスケール
  • "時間的ご守護"が大切
  • ご守護を頂くもと
  • 神はあるか、ないか
  • 陽気ぐらしの諸相
  • 人間の四つのパターン
  • 人間は心通りの守護
  • ご守護はいつ現れるか
  • ペニシリンか漢方か

第五章 心のほこり

  • 銘々の魂に光を
  • 戒律と心のほこり
  • 心のほこりの悪影響
  • 目には見えにくいが
  • 世間一般の人間観
  • ほこりに走る心づかい
  • ほこりは小さいことで
  • 鏡にシミがつくのは
  • ほこりの起源はいつ
  • 神にもたれて通る心
  • 高慢と悲観の谷間で
  • ほこりは払えばよい

第六章 いんねんと徳

  • 「ほこり」と「いんねん」
  • いんねんの切り替え
  • 難儀するのも心から
  • 難儀と苦労は違う
  • 病弱にも利点がある
  • 心の徳も増減する
  • 徳と能力のバランス
  • 徳と教祖のひながた
  • 徳といんねんは裏表
  • 喜びと感謝の世界へ
  • 日常性の陽気ぐらし

第七章 信仰

  • 社会的条件の成熟
  • 信仰者の社会的責任
  • 心づかいの社会的影響
  • 個人と社会との関係
  • 立教の本旨と現代
  • 立教の元一日と入信
  • 入信の構造をさぐる
  • いんねんの善し悪し
  • "やさしい心"を待望
  • 信者のつとめの基本

第八章 かしもの・かりもの

  • 健康の元は心から
  • 老病死と陽気ぐらし
  • 古今東西変わらぬ真実
  • 老病死は信仰の入り口
  • 神の存在証明への道
  • 借りものから喜びが 
  • "結構源さん"の神髄
  • 百十五歳定命の希望
  • 心を澄ますことが先
  • 夫婦も借りものか

第九章 陽気ぐらし

  • 生きる目的は陽気ぐらし
  • 十のはたらき備えた身体
  • 「九つの道具」の使い方
  • 出しても減らない
  • 「ある」ことを数える
  • 人のなかに生きる
  • 「たすけ合い」の世界

商品カテゴリ

信仰

入門

メディア

ページトップへ