• ピックアップ
  • ランキング1

非行少年の心の居場所――補導委託30年 道友社きずな新書

価格: ¥864 (税込)
[ポイント還元 9ポイント~]
数量:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter
  • お問い合わせ

大畑 道雄 著

少年たちの更生は 食卓を囲むことから始まる


親から見放され、大人への不信感を抱き、 自分の存在すら否定する少年たち。 必死に立ち直ろうとする彼らに家族団欒の喜びを味わわせ、 懸命に寄り添いつづける教会家族の物語。


『天理時報』連載(平成25~29年)「非行少年とともに――『補導委託』30年の歩み」待望の書籍化!

 ある少年は、教会へやって来て初めて外出するときに「ただいま」と言った。しばらく様子を見ていても、毎回「ただいま」とあいさつして出ていく。 「行ってきます」と言って家を出た経験がなかった少年は、教会へ預けられた際に「出かけるときは何か言うはず……。 たしか『ただいま』だ」と思い、何も知らないまま使い続けていたという。
(本文から)


【目次から】

〝誰かの役に立つ〟が生きる力に
〝更生の道〟は愛情弁当から
 愛情あふれる夏のおぢばへ
 子を思う親の気持ちこそ
 「良いときは連絡してくるな」
〝家族団欒〟の姿を社会へ
 大人って意外といい人かも……
 たむろする若者に声をかけ
 幸せを感じる源は感謝の心
 家族の一員になれたとき
 「怖い子」から「優しい子」に
 いつでも、ずっと待っている
 ……ほか

【著者プロフィール】

大畑道雄(おおはた・みちお)
昭和15年(1940年)、東京都生まれ。同36年、天理教校専修科卒業。同60年、家庭裁判所の補導委託先に登録、少年の受け入れを始める。平成2年(1990年)、本導分教会3代会長に就任し、現在に至る。

新書判並製/184ページ

立ち読みボタン Amazonで購入

商品カテゴリ

信仰

入門

メディア

ページトップへ