• ピックアップ
  • ランキング5

こころを聴く 寄り添うカウンセリング

価格: ¥1,430 (税込)
[ポイント還元 14ポイント~]
数量:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter
  • お問い合わせ

堀尾治代 著

【内容紹介】

「心理相談」の草分けが語る子育てと若者育成の心得

心理臨床の重要手法「箱庭療法」を日本で初めて導入したことで知られる天理大学は、「教育相談室」を1955年に設置し、地域に根差した心理相談に率先して取り組んできた。その草分けとして、長年、相談者に寄り添い続けてきた著者がつづる「カウンセリングの心得」。



【目次】

Ⅰ カウンセリング入門

  • 普通に接して
  • 〝心〟を聴いてみませんか
  • まず自分を知ることから
  • 面接時間を制限する意味
  • 家族の理解を深める

Ⅱ 相談室の風景

  • 「お母さん、僕、目を開けていいの?」
  • 自慢の息子がどうして?
  • うつ病の家族を支える
  • 寝てばかりの息子
  • 夫婦でもう一度
  • 「心」を「受」けてノ(の)をつける

Ⅲ 揺れる思春期・青年期

  • 〝終わらない〟思春期
  • 「不登校」に寄り添う

Ⅳ 若者と宗教  青年期の課題

  • ヤマアラシ・ジレンマからの脱却
  • 現代青年と宗教
  • 〝大人になる〟のが難しい時代
……ほか

四六判並製 /272ページ

【著者プロフィール】

堀尾 治代(ほりお・はるよ) 〈1946~2018〉 兵庫県姫路市生まれ。1974年、京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。教育学博士。臨床心理士。天理よろづ相談所病院「憩の家」心理相談室嘱託、名古屋市立女子短期大学助教授、京都大学保健管理センター非常勤講師、天理大学教授など歴任。著書に『教育心理学を学ぶ人のために』(共著・世界思想社)、『心理臨床と宗教性』(共著・創元社)など。

商品カテゴリ

信仰

入門

メディア

ページトップへ