• ピックアップ
  • ランキング1

縁あって「家族」  道友社きずな新書

価格: ¥990 (税込)
[ポイント還元 10ポイント~]
数量:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter
  • お問い合わせ

𠮷福 多恵子 著

誰かが誰かの支えになる――
縁をつないで広がる〝家族の輪〟
神様を中心とする暮らしには
見えない宝物がいっぱい!


親々から受け継いだ信仰を子や孫に伝え、里子や教会につながる人たちを含めた、大きな家族として歩む陽気ぐらしへの道――。 その日常をつづった心温まるエッセー集。

 教会では、そこに住む血縁のある家族だけでなく、出入りする信者さんや、さまざまな理由から門をくぐる人々も含めた皆が、神様を中心とする大きな家族として暮らしています。……私はいま、教会という家族の〝お母さん〟として、さまざまな人々が縁をつないで、誰かが誰かの支えになれるよう、その土台づくりに努めています。 (本文から)

【目次】

  • 花として、人として
  • 母から受け継ぐ〝いいあんばい〟
  • 幸せの赤いポスト
  • 世界は不思議に満ちている
  • 親の思いに守られて
  • 響き合う心
  • 拠って立つ
  • 家族のかたち
  • 心の奥に眠る言葉
  • 母の一大事
  • 探し物は何ですか?
  • ありがとうの詩
  ……ほか

朗読:本編より「育てるつもりが育てられ」


【著者プロフィール】

𠮷福多恵子(よしふく・たえこ)
昭和30年(1955年)、奈良県高市郡高取町生まれ。天理高校卒業後、敷島大教会で女子青年としてつとめ、同52年に結婚、3人の子供を授かる。平成15年(2003年)、里親登録。同21年、専門里親登録。これまで11人の里子の養育に携わり、特に実親支援に力を入れている。濃飛分教会前会長夫人。

新書判並製/200ページ

商品カテゴリ

信仰

入門

メディア

ページトップへ