• ピックアップ
  • ランキング1

【重版中】笑うて泣いてまた笑て 妹尾和夫のしゃべくりエッセー

価格: ¥1,430 (税込)
[ポイント還元 14ポイント~]
予約期間: 2021年09月16日00時00分~
2021年10月05日23時59分
数量:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter
  • お問い合わせ

※ご好評につき、品切れ・重版中となっております。
 現在ご注文いただいた商品は、10月6日以降、順次発送いたします。


妹尾 和夫 著
四六判・並製 / 224ページ

【内容紹介】

生まれは大阪・大正区。中学・高校を天理で過ごし、教師めざして上京するも、
役者になって大阪へ。芸能生活45年、多くの出会いに感謝を込めて、
ラジオにテレビに舞台にと、今日も明日も全力投球!!


撮影現場や番組で出会った著名人とのエピソードや、青春時代の思い出、幼い日の記憶など、演出家・俳優である人気パーソナリティーがラジオ感覚で自由にしゃべった痛快エッセー。


【目次】

Ⅰ しゃべりの仕事

  • 生放送〝校歌〟熱唱事件?
  • 「続ける」ということ
  • 〝あの日〟があって今日がある
  • ラジオで伝えてきた〝あの日〟
  • 何物にも代えがたい出会い
  • 〝浪花のモーツァルト〟のエール
  • カズオ的〝読書のススメ〟
  • 褒められたひと言が財産
  • 僕を育ててくれた「清八そば」
  • 「しゃべりを止めるな!」
  • この人のセカンドライフ
  • 尊敬するパーソナリティーたち
  • 和夫のとっておきの話
  • テレショップ奮闘記
  • 不断の努力が実るとき

Ⅱ 役者の道

  • ナミダ味のきつねうどん
  • 名優・升君と米ちゃんのこと
  • 声をかけてもらえる幸せ
  • なんてったってアイドル!
  • 道はまっすぐがいい
  • 「ホンマの本気」で何かが変わる
  • 僕はいまだ〝夢の途中〟
  • 舞台を観る喜びと楽しみ
  • あの人へのごめんなさい
  • 二枚目俳優の一宿一飯
  • 映画スターの〝聖地〟に入って
  • 亡き俳優がつないでくれた縁
  • 「3週連続犯人役」の偉業!?成る
  • 思いもよらぬ〝脚本家デビュー〟
  • 「妹尾ちゃん」と呼ばれて

Ⅲ 演劇の世界

  • 〝人生の師〟――蜷川幸雄さん
  • パロディフライ、飛んだ。
  • ウイ・アー・ザ・リーダー
  • しんどいけど楽しい芝居作り
  • 座長は一日にして成らず
  • 演劇プロジェクトに秘めた思い
  • さよなら、演劇の〝心の師匠〟
  • 芸能生活40周年の秋に思う
  • ワガママな妹分「エミちゃん」
  • しゃべり足りない〝演劇の魅力〟
  • マネージャーの心得を学ぶ
  • いつもと違う令和の秋
  • 偶然ではない大女優の出演
  • わが愛しの「ナベちゃん」

Ⅳ 心の故郷

  • 〝人生の師〟――林庄三先生
  • あの夏休みの経験が…
  • 〝いい大人〟に出会いました?
  • 看板女優、天理合宿を提案
  • 晴れ、ときどきビートルズ
  • 心はいつも〝映画少年〟
  • 道半ばで逝った同級生(とも)
  • 「ありがとう」をあの女(ひと)へ
  • 親の年より長生きすること
  • 忘れ得ぬ親父のあんパンの味
  • 誰のおかげがあっての今
  • 北の夜空の満点の星を仰ぐ
  • しゃべくり千秋楽

【著者プロフィール】

妹尾 和夫(せのお・かずお)

昭和26年(1951年)、大阪市生まれ。天理中学・天理高校を卒業後、日本大学文理学部哲学科入学。在学中から役者を志し、同55年、NHK銀河テレビ小説『御堂筋の春』でデビュー。平成4年(1992年)に演劇集団「パロディフライ」を旗揚げし、座長として演出を担当しながら舞台に立つ。また、関西を中心にラジオパーソナリティーとして人気を博し、テレビでも活躍。現在、『全力投球!! 妹尾和夫です。サンデー』(ABCラジオ)、『妹尾和夫のパラダイスKyoto』(KBS京都ラジオ)、『せのぶら本舗』(ABCテレビ)に出演中。

商品カテゴリ

信仰

入門

メディア

ページトップへ