• ピックアップ
  • ランキング2

馬をたすけ 人をたすけ――名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」

価格: ¥1,760 (税込)
[ポイント還元 18ポイント~]
数量:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter
  • お問い合わせ

四六判並製/208ページ
2024年4月1日発売

以下の画像から特設ページにアクセスできます。

馬をたすけ 人をたすけ - 名伯楽・角居勝彦がめざす「陽気ぐらし」

【内容紹介】

かつて「競馬界のレジェンド」と称された元調教師がいる。
中央競馬で数々の名馬を育て上げ、国内外のレースで目覚ましい成果を残したが、その絶頂期に突然の引退発表。新たな活動の舞台を奥能登へ移し、天理教の布教師として人々に寄り添う一方、引退馬支援やホースセラピーの普及促進に日夜奔走している。
いま、男は震災復興への祈りを込め、「人がいて馬がいる」心豊かな社会を目指す――。
作家・片山恭一が精力的に取材し、書きおろした渾身のドキュメンタリー!

「名伯楽と馬、それを取り巻く人々の活動は、わたしたちの社会を照らすたしかな光となっていくに違いない」「今回の地震では、あらためて角居さんのゆるぎなさ、前向きな姿勢に心打たれている。この逆境にあっても、彼の未来を構想する力は少しも鈍ることなく、のびやかで明るい」
(「あとがき」から)


【目次】

  • プロローグ
  • 第1章 街頭に立つ名伯楽
  • 第2章 少年、馬と出会う
  • 第3章 調教師という仕事
  • 第4章 体重500キロの草食獣
  • 第5章 競走馬の余生をつくる
  • 第6章 名伯楽と小説家
  • 第7章 いざ、奥能登へ
  • 第8章 天理大学のホースセラピー
  • 第9章 人生を使いきる
  • 第10章 馬と人、それぞれの間合い
  • エピローグ

  • 【角居勝彦【すみい かつひこ】氏 プロフィール】

    1964年、石川県金沢市生まれ。高校卒業後、グランド牧場北海道に就職。その後、JRA競馬学校厩務員課程を経て、86年から調教助手。2000年、調教師免許取得。翌年、厩舎開業。数々の名馬を育て上げ、JRA通算762勝、G1・26勝、海外G1・5勝。最多賞金獲得調教師賞5回、最多勝利調教師賞3回獲得。21年2月、定年まで10年以上を残して勇退した。11年からイベント『サンクスホースデイズ~馬に携わる人たちが馬に感謝する日~』を各地で継続的に開催。13年、一般財団法人ホースコミュニティを立ち上げる。16年、引退馬支援のための『Thanks Horse Project』開始、19年に『Thanks Horse Platform』へ移行し、各団体と協働して活動を続けている。
    主な立場に、一般財団法人ホースコミュニティ代表理事、認定特定非営利活動法人サラブリトレーニング・ジャパン理事長、一般社団法人ジャパンホースグラウンドワーク協会理事、みんなの馬株式会社COOほか。

    【著者紹介】

    片山恭一(かたやま きょういち)
    1959年、愛媛県生まれ。九州大学卒業、同大学院修士課程修了。86年、大学院在学中に手がけた『気配』で文學界新人賞受賞、文壇デビューを果たす。95年、『きみの知らないところで世界は動く』で単行本デビュー。2001年刊行の『世界の中心で、愛をさけぶ』(小学館)は、平成における恋愛小説で最多の321万部を記録。映画やテレビドラマとなり『セカチュー』が流行語になるなど、社会的ブームとなる。
    『どこへ向かって死ぬか――森有正と生きまどう私たち』(日本放送出版協会)、『愛について、なお語るべきこと』(小学館)、『死を見つめ、生をひらく』(NHK出版新書)、『世界の中心でAIをさけぶ』(新潮新書)、『世界が僕らを嫌っても』(河出書房新社)など著書多数。近刊に『あの日ジョブズは』(WAC)、『霧のなかのバーバラ――学習しょうがいを克服した女性の物語』(文芸社)がある。

    商品カテゴリ

    信仰

    入門

    メディア

    ページトップへ